映画「ジャーヘッド」

10日に「ジャーヘッド」(最終日だった)、
11日に「エミリー・ローズ」(こっちは初日)を観てきました。
2日続けて同じ映画館に通ってしまったわけで(笑)。
両方とも良かったです。
特に「エミリー・ローズ」は思った以上。
確かにテーマは悪魔祓いなんだけど、これをホラーに分類するのは勿体ないなあ。
で、今回は「ジャーヘッド」の感想を。


 「ジャーヘッド」とは、米海兵隊員の仇名で、
隊員の、湯沸しポットの蓋のようなヘアスタイルのこと。
教養がなくて頭の中は空っぽだけど、いつもカッカしているという、
侮蔑的意味もあるらしい。
原作は『ジャーヘッド-アメリカ海兵隊員の告白』(アンソニー・スオフォード 著)

この映画がユニークなのは、いざ戦場へ出向いたものの、銃を向ける敵もいなく、
砂漠でひたすら待つだけという状況を、コミカルに、そして皮肉っぽく描いていること。

軍隊に入れば大学に行かせてもらえるからと、
軽い気持ちで海兵隊に志願したスオフォード。
しかし個性がないことが一番重要という、人間性を無視した過酷な訓練は、
彼を次第にソルジャーへと変えていく。

1991年、彼らは湾岸戦争に出兵したものの、外交交渉が続き、
砂漠で待機させられること、176日。
その待機中という状態が、彼らにとっては唯一の敵だったのかもしれない。
退屈な日々に、胸には望郷、頭の中はSEXのことだけ。
ついには開戦するのだが、彼ら海兵隊員(歩兵)は一発も銃を撃たないまま、
戦争はたった4日間で終結する――というのが、この時の湾岸戦争だった。

わずか4日間の進軍で、彼らは、明らかに避難民と思われる車の列が、
米空軍に攻撃されるところに遭遇し、黒焦げの死体が散乱する中で嘔吐する。
アメリカの空爆による破壊のあとや、敗北したイラク軍の凄惨な姿の前に、
勇気や正義や理想なんてどこにもない。
彼らを攻撃する必要があったのか?
自分たちは一体何のためにここにいるのだろう?
疑問に苛まれる姿が、リアルだ。

狙撃兵として出兵したスオフォードだが、一発も撃たずに戦争は終わる。
しかし、

ぼくらはまだ砂漠にいる。

反戦メッセージを声高に叫んでいるわけではない。
それだけに印象的な戦争映画だ。
[PR]
# by sumika_meimu | 2006-03-12 21:19 | おでかけ

神の火

高村薫/改定版:新潮文庫

複雑な国際諜報を描いたスパイ小説。
国際謀略の手駒となるべく育てられた島田浩二は、日本原子力研究所に勤める
技術者である一方、原子力技術に関する機密をソヴィエトの情報機関に流すスパイを
務めてきた。
ようやくそんな生活から足抜けした島田は、平凡な暮らしを手にいれたつもりだった。
だが父の葬式の席で、島田は自分をスパイの世界に引きずり込んだ張本人である
江口彰彦と再会する。
それは島田自身が刻んできた過去からの、逃れようもない呼び声であった。

島田を取り巻く状況が二転三転し、なかなか真実が見えてこない。
諜報合戦や水面下での駆け引きはスリリングで緊迫感がある。
その意味では『リヴィエラを撃て』と構造が似ているが、島田が普通の会社に通う日常と、
スパイとしての非日常のコントラストの描き方が見事だ。

砂上の楼閣のような人間関係の虚しさ。
それでもひとりの人間として生きようとする男たち。
行き場のない苛立ちゆえに、個々の人生を振り回す権力をすべてを承知で、
男たちは、もはや止めようもない熱波のような激情に突き動かされて、
救いのないラストへと疾走していく。

ラスト――見上げた空の雪模様と場の空間の広がりが、
まるで映像のように鮮やかで臨場感がある。

複雑に織り上げられた人間模様に潜む愛憎や、
追い詰められた状況の中でふっと浮かび上がる男たちの絆が、
高村作品らしく、熱っぽさが充満している(笑)。


*ここの本の感想は覚え書き程度。
詳しい書評は【快楽読書倶楽部】>高村薫へどうぞ。
[PR]
# by sumika_meimu | 2006-03-10 00:44 | 快楽読書小倶楽部

満開!

散歩の途中で、満開の枝垂れ梅に会いました。

d0010037_13522966.jpg


春ですね。
まだ寒い日の方が多いけど(笑)。
[PR]
# by sumika_meimu | 2006-03-08 13:48 | この愚かな日々

かぼちゃのプリン

唐突に甘いものが食べたくなったのだけど、何もない……。
食べたいときに食べたいものが食べられないのは、
とってもとってもカナシイ。←どうせ食いしん坊さ。

そこで、冷蔵庫を点検……。
おおっ、材料がそろっている。
ラッキー♪
急遽、かぼちゃのプリンを作りました。

d0010037_15304910.jpg


少しの間も待てなくて、焼きたてをお皿の上にひっくり返したら、
カラメルソースが馴染んでいなかったらしくて、
表面が少しボコボコになっちゃったけどー、

d0010037_15325092.jpg


ほこほこ温かいプリンも美味しーのよ♪
緑黄色野菜たっぷりだから、(きっと)体にもいいはず(笑)。

パンプキン プディングのレシピはこちら
[PR]
# by sumika_meimu | 2006-03-05 16:25 | ごはん&おやつ

毛蟹漁が行われました!

というメールとともに、「浜ゆで毛がに」が届きました~♪

d0010037_2344490.jpg


北海道は礼文島から遠路はるばる、ありがとう、カニさん

さばくためにまな板に並べたら、なんだかちんまり可愛くて……でも食べるの。
美味しく食べてあげるから、ごめんね、かにさん。


と言うわけで、
少し小振りだけど、毛蟹漁が行われた翌日発送してくれたので、
ぎゅーっと旨みが凝縮されて、もう、美味でございまする~の一言。
瑞々しくて、甘味があって、やみつきになりそうです。
[PR]
# by sumika_meimu | 2006-03-02 23:41 | ごはん&おやつ