読了本覚書

まだreviewまで手が回らないのだけど、取りあえず忘れないうちに、読んだ本を…。

『地底大戦 上・下』 ダグラス・プレストン&リンカーン・チャイルド
 この邦訳タイトルはあまりにも酷い。センスがないにもほどがある。
 まるで安っぽい怪獣映画みたいだけど、『レリック』の続編にあたる。
  ペンターガスト様のイメージが、ガラガラと崩れてしまうじゃないか!(泣)
 
『アベラシオン 上・下』 篠田真由美
イタリア美術についての薀蓄が圧巻。
よくも悪くも篠田真由美って感じかな。←なんのこっちゃ。

『ベルカ、吠えないのか?』 古川 日出男
終戦間近の第二次大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争を、
軍用犬とされた犬たちの目が、人間が繰り広げる戦争を見つめる。
とにかく泣ける。
犬が語る言葉は、シンプルでストレート。それだけに切ない。
私なんて、帯だけで泣けてしまった。

『うそうそ』 畠中恵
「しゃばけ」シリーズ第5弾。
初めての長旅に出る若だんなとその一行。
誘拐、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、怒涛の事件が若だんなを襲うのだが、
全体的にやや物足りないのが残念。
それにしても……よくぞ生き抜いたね、若だんな。

『東京百鬼-陰陽師石田千尋の事件簿』 浦山明俊
舞台を現代とする陰陽師もの連作短編集。
これがデビュー作なのだそうだ。関西弁の陰陽師が新鮮(笑)。
  

もっと読んでいると思うのだけど…忘れた。
[PR]
by sumika_meimu | 2006-06-06 23:50 | 快楽読書小倶楽部
<< 重い重い 悲しみも時に脱力する >>