『ブロークバック・マウンテン』のパロディは…

「映画史上、最も心揺さぶられる愛の物語」の呼び声高い、
カウボーイのゲイを扱ったカナダ映画「ブロークバック・マウンテン」
3月18日からの公開が楽しみ~♪
もちろん邪まな気持ちじゃないわっ。
「感動の一大叙事詩」に惹かれたからよ。←アヤシイ(^^;)

英国始め各国の映画賞を総なめにし、米国アカデミー賞にノミネートされている作品だけど、
そのアメリカでは、キリスト教保守派が猛反発しているのだとか。
こういうのを懐が狭いっていうんだな。

なーんて風潮をモノともせず、YAOI少女(腐女子ともいう)は米国でも健在。
もちろん、ladyやmanも参加しているだろう。

かの名作「Back To The Future」のドクとマーティの2人のシーンをピックアップして、
さらに繋げて、「Brokeback to the Future」というパロという意味深な予告編が、
ネット上で評判になっているのだそうだ。
【eiga.com>ニュース&噂】

記事によると、「皇帝ペンギン」や「トップガン」のパロ映像もあるというが、
他にも、
「ショーシャンクの空に」…レッド×アンディ
「バッドマン」…バッドマン×ロビン(組み合わせは逆かもしれない)
                      ↑専門用語が分からない方はさらっと流しましょう。
などのパロ映像が作られているだけではなく、
会話にも「Brokeback○○」なんて組み込むのが流行っているのだそうだ。

その場合、Brokebackは名詞とも動詞ともつかない使い方をするらしいのけど、
無論、カミング・アウトのために使っているわけではなくて、
「あれってアヤシーよねー」みたいな感じなのかな。
よく分からん。

さて、あまたの「Brokeback○○」の中でも一番のヒットは、
かのアメリカ副大統領のチェイニー氏の、
2006年2月11日には狩猟中に友人の弁護士を誤射し負傷させる事故を起こした。
この事故に関して、マスメディアに情報が漏れるまで公表しなかったことが判明し、
批難を浴びることとなる。
という、友人誤射事件を題材とした、
「ブッシュ氏とチェイニー氏と友人氏の三角関係のもつれ」というパロ。

歴代大統領の中でも特にお熱い関係といわれるブッシュ氏とチェイニー氏に、
友人氏が腹をたて、痴話ケンカに発展、ついに発砲事件となった――で、
TVでもコメディアンが題材にして大いに盛り上がっているという。
なんだか、楽しそ。
ちょっと観てみたいぞ。

【ブロークバック・マウンテン】 公式サイト

「Brokeback to the Future」は現在削除されているのだけど、
その辺りの事情も含めて、パロを観てみたい方は【who cares?】様へお邪魔しましょう♪

[補足]
先ほどパロ映像を一覧できるサイト様を発見!
【C3-POもチェイニー副大統領もブロークバック・マウンテン!】

大笑いさせてもらいましたともっ。
あ、目尻のシワが増えたかも…いやん。
[PR]
by sumika_meimu | 2006-03-01 00:01 | この愚かな日々
<< 毛蟹漁が行われました! 憐れみはあとで >>