初めてのセーター

yuiは元々寒がりなので、今年の厳冬はいっそう堪えるらしい←かといって夏が強いワケでもないが。
寒さのあまり散歩も嫌がる軟弱者なので、意を決してセーターを編んでみた。
もちろん、見様見真似というか、その都度、本人(犬)に合わせながらという行き当たりばったり。早い話がアバウトな仕様。

作ってみてしみじみ思ったのは……、

犬って(たぶん四つ足の動物はみんな)、服をひっかけるべきがないのね。

いわば、究極のなで肩?(笑)

たくましい胸板、ふくよかなウエスト、そしてなで肩という体型に、
ちょっと悩みつつ編みなおしながら、ようやく何とか「らしき」形になった…かな?

d0010037_2312989.jpg


毛糸はアルパカ入りの輸入モノだからすっごく暖かいぞーっ、という贅沢さ。
↑以前人間用に編んだセーターの残り(笑)。
一緒に出てきた残り糸を利用して、ちょっと編みこみ模様なぞ入れ、
着せやすさを考えて後ろにボタンをつけてみた。
お袖はくるくるカール。
いーかげんに編んだわりには上手くいったと自画自賛(いーのよ、yuiは文句言わないもん…笑)。

yuiは初めて服を着るわけで、嫌がるかなーと思ったりしたけど、まんざらでもないらしい(笑)。
あ、ヤツの名誉(?)のために言っておくと、
「アタシ 脱ゲバ モ少シ細インデス」

引っかかる肩がないので、お座りするとちょっとずり落ちてしまうのを修正するのが今後の課題。
――って、また編むつもりかよっ、私。
↑今度はアラン模様にしようかなー…と言って、呆れられましたのさ。

いーのよ、編んでる私が楽しいんだからっ♪
[PR]
by sumika_meimu | 2006-01-23 23:53 | 犬が西向きゃ
<< むーん… 雪がコワイ >>