LEONな殿方の視点

奥手なので(笑)情報が遅い私が、ちょい悪オヤジになるための雑誌「LEON」の女性版、
めくるめく30代女性のライフスタイルファッション誌「NIKITA」を知ったのはつい最近のことで…。

その編集長岸田氏のブログがある。
http://blog.excite.co.jp/cafe-nikita/2604992

ぶっちゃけて言ってしまえば、「所詮、人は外見なのさっ」という割切りかたをしていると思われるのだけど、
そんな「NIKITA」のスタンスをやりすぎだとは思いつつ、その潔さはけっして嫌いではない。

確かに中身がいくら素晴らしくても、
大人の女性が、岸田氏いわくコムスメ系ファッションだとしたら殿方の腰も引けようってわけで、
だからといって、中身を充実させたから外見を手抜きしていいってことにもならないわけで。
ましてや歳を重ねるに従って、若さで補うのに無理がくるのは当然。
ゆえに、NIKITA世代は自分の見せ方について真剣に取り組む必要もあったりする。

さて、ブログの中で岸田氏は、
>僕も正直言うと現状は若い女性が好きですね。
 なぜかと言うと日本の30女には自分を魅力的に見せるテクニックがない女性が多い。

さらに、
「でも、日本人30代女性が艶女(アデージョ)になったら、もちろんそっちを選ぶけどー」
みたいな発言をしてる。

つまり、
「魅せ方も中身もなってない30代女性」や、
「魅せ方がなってないが中身はある30代女性」は、
選択肢に入るのか、といえば当然論外だと思われる。

では、
「自分の外見の見せ方だけを気にして中身のないちょっと歳のいった女性」は
選択肢に入るのか、といえば、それはそれで別モノなのだろう。

となると、岸田氏の好みに合うのは、
「魅せ方も中身も伴っている30代女性」だけとなり、これはずいぶんと狭き門だ。

ようするに「やっぱりコムスメが好き」な本心を露呈しているようなもので、
おいおい…とツッコミの一つも入れたくなってしまうのは、
自分が歳を食っているせいだろうか(笑)。


まあ、「NIKITA」という雑誌全体に漂う雰囲気があけすけなので、
おそらく中身のある女は読まないか、
あるいは、シャレとして捉えるのだろうし、
逆に「NIKITA」をバイブルとする女性は微妙なわけで……。

ようするに「NIKITA」がヒットすればするほど、
「ジップニットを上から13センチで止める」ような、
谷間見せに走る女性が増殖するだけかもしれない。


あ……っ。

それは、彼がコムスメを選択せざるを得ないという理由の正当性が増殖するってことなのか?
もしや、それこそが岸田氏の目的なのかもしれない。
うーむ……光源氏計画か……遠大だな(笑)。


ところで、めくるめく30代といえば、高橋尚子選手。
私は、マラソン、駅伝の大ファンである。
(誰の、というわけではない。競技が好きなのだ。)
朝から(正直に告白すると彼女の出場が決まったときから)わくわくしていた。
もちろん昨日の高橋尚子さんのレースに「感動した!」←小泉さんのマネ。

さて、彼女も33歳、立派な「NIKITA」世代だ。
果たして、彼女の選択はいかに?



ちなみに、中身のともなわない私としては、
せめて論外な女にならないように、地道に生活していきたいもの。
個人的には、LEONな男もいいけど、やっぱり中身が詰まった殿方の方が、
ゆっくりじっくりお付合いできると思うのであります、はい。
[PR]
by sumika_meimu | 2005-11-21 23:52 | この愚かな日々
<< 強敵「鉄鼠の檻」と「えびす皇子」 ピタゴラちょきんぎょ♪ >>