クリスティ記念日

読み出したら止まらないから今月はクリスティ記念日♪

というわけで、今回はアガサ・クリスティ only。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

快楽読書倶楽部>
「茶色の服の男」
スピーディで小気味よく、トリックにも工夫がある。
冒険、旅情、ロマンスをも盛り込んで、軽快なミステリ。

「チムニーズ館の秘密」
少しばかり時代かかった設定だが、魅力的な登場人物たちもあって痛快な冒険活劇。
巧みなストーリー展開で飽きさせない。

「七つの時計」
『チムニーズ館の秘密』の姉妹編だが、内容は全然別なので単発作品として楽しめる。
クリスティならではの意外さと、作品を楽しんで書いたらしい遊び心が感じられる。
何気なく読み進めると、最後にどんでん返しが待っている。

「書斎の死体」
オーソドックスで伝統的な書斎という舞台と、奇想天外な死体、というのが条件を、
クリスティが自身に課した作品。
小さな村という閉鎖的な社会がプロットにも密接に絡んでおり、
ミス・マープルが人間心理を分析していく過程はさすが。

「バグダッドの秘密」
ロマンチックな冒険小説。
失職した翌日には公園であった青年に一目ぼれ、彼を追ってバグダッドに行ってしまうという、
おきゃんで無鉄砲なヒロインにも驚くが、1950年代にこのような物語が描かれ、
受け入れられた土壌には感心。

「フランクフルトへの乗客」
クリスティ女史の80歳を記念して書かれた作品。冒頭の前書きで、
小説のアイディアなどについて書いているのが興味深い。
なにより、高齢にして新奇なスタイルに挑戦する作者のバイタリティ、その生き様には脱帽!

*ここの本の感想は一口メモ程度。詳しい感想はreviewへどうぞ。
[PR]
by sumika_meimu | 2005-11-10 23:13 | 快楽読書小倶楽部
<< ピタゴラちょきんぎょ♪ 弥次喜多道中 最終章 >>