そんなものを求められてもっ

季節の変わり目は体調を崩すの~。
もともと能天気な超低空飛行だから、ちょっとばかり低くなったって慣れっこだけど、
さすがに4日、5日と目眩と吐き気が続くと、いささか焦る。
いや、この症状は過去に経験がないわけじゃないけど、
ヒマなカラダでもないし…。

で、ヘロヘロと病院に行った。

いい先生なんだ。
ゆっくり話聞いてくれるし、
(たぶん)すごく真面目な先生で、
ボタンを掛け違えたような微妙な反応が妙に面白くて←おいっ。

ただね、自己責任を求めるんだ、この先生。

「どうしますか? お薬、だしますか?」
「飲んだ方がいいですか?」
「飲んだ方がいいですね」
――じゃ、訊くなよ…。

「何日分だしましょうか?」
――必要だと思う分だせばいーじゃん…。

「注射しますか?」
――必要ならいくらでもブチこんでくれっ!

たしかに自己責任って、いっとき、全国的に流行ったね。
でも、医者って専門知識が必要な分野で自己責任を求められても…

困るんですけど?



でも、この先生のオクユカシイ優柔不断さが面白くて、
お付き合いがやめられない…なぜだか(笑)。
[PR]
by sumika_meimu | 2005-09-29 00:08 | この愚かな日々
<< 更新>『男色大鑑』5巻-3 「レディ・ジョーカー」 >>