杉浦日向子さんと粋なお酒

杉浦日向子さん逝去のショックから少し立ち直ったので、ちょっとだけ。

多くの方が『お江戸でござる』や漫画で杉浦日向子さんを知ったという中で、
たぶん私は横道(裏道?)から入った方だろう。

杉浦日向子さんの著書との出会いは、食いしん坊な私らしく
『ソバ屋で憩う』(1997年)というエッセイだった。
そのころ私は池波正太郎氏にはまっていて(今でも繰返し読んでいるけど)、
『散歩のとき何か食べたくなって』とか『むかしの味』などで、
池波氏の粋なダンディズムに心酔し、女であることがなんとなく悔しかった。
女では似合わないというか…こういうダンディズムは殿方だから粋になるのだろうから。

ところが、ふと手に取った杉浦さんの『ソバ屋で憩う』に、
女性のダンディズムたる姿を見たのだ。

『ソバ屋で憩う』 には、「昼の酒」 についての一文がある。引用してみる。

東京のソバ屋のいいところは、昼下がり、女ひとりふらりと入って、席に着くや開口一番、
「お酒冷やで一本」 といっても、「ハーイ」 と、しごく当たり前に、
つきだしと徳利が気持ち良く目前にあらわれることだ。
(中略)
ソバ屋で憩う、昼酒の楽しみを知ってしまうと、すっかり暮れてから外で飲むのが淋しくなる。
暗い夜道を、酔って帰宅するなんて、まったく億劫だ。
いまだ明るいうちに、ほろ酔いかげんで八百屋や総菜屋を巡って、
翌日のめしの仕入れをしながら着く家路は、今日をたしかに過ごした張り合いがある。
これはまさに池波正太郎氏も書かれている、散歩の途中で「蕎麦屋でひとり酒」だ。
彼女は淡々と、自分のペースでゆっくりと盃を傾ける、そんな時間を楽しんでいたのだろう。
そんな粋を、さらりとできることに私は憧れていた。
かっこいいじゃないか。



『ニッポニア・ニッポン』 に中島梓氏が寄せた解説の一文。

杉浦日向子はどういう方法を使ってか、
二百年がとこ前に死んだ人たちを呼び出して躍らせます。
まさしく彼女は(江戸時代専属の)口寄せの巫女の性をもっているのです。

中島氏らしい表現だけど、確かに杉浦日向子さんの魂には江戸が息づいていたのだろう。

でも寂しいなあ。
[PR]
by sumika_meimu | 2005-07-29 02:41 | 快楽読書小倶楽部
<< 夏休みだから児童書も(1)更新... 高校野球の楽しみ方 >>